2024年7月7日執行東京都知事選挙当選の効力に関する異議の申出

https://tokyogovernor.peatix.com/

都選管に異議の申し出をします。
一緒に異議を申し出る東京都知事選挙の選挙人方はURLをクリックしてPeatixで申し込んでください。
参加は無料ですが、都選管の決定が出たら東京高裁に提訴することになりますので、可能な方はカンパもお願いします。
なお、小池百合子氏の当選が無効になった場合は、石丸氏が繰り上げ当選になるわけではなく、選挙のやりなおしとなります。
根拠条文は下記、公職選挙法第95条です。石丸氏の得票率は24.30%で当選人に必要な四分の一に達していないからです。

〇公職選挙法
第十章 当選人
(衆議院比例代表選出議員又は参議院比例代表選出議員の選挙以外の選挙における当選人)
第九十五条 衆議院(比例代表選出)議員又は参議院(比例代表選出)議員の選挙以外の選挙においては、有効投票の最多数を得た者をもつて当選人とする。ただし、次の各号の区分による得票がなければならない。
四 地方公共団体の長の選挙 有効投票の総数の四分の一以上の得票

〇得票率
石丸伸二 24.30% 

Share Button

小島敏郎先生に何でも聞いてみよう!

Share Button

紅林進さん感謝基金協力のお願い

友人のみなさん

山口あずさです。

わたしたちの友人、紅林進さんが現在、かなり重い病気で入院しておられます。

多くのイベント会場の入り口で、紅林さんがたくさんのチラシを配っておられる姿を目撃した方は大勢いらっしゃると思います。

わたしも安保法制違憲訴訟の会の裁判の傍聴案内や、イベント案内について、紅林さんがご自分でコピーして、チラシを配っていただいていることに気づいたことがたびたびありました。

もちろん、口頭でお礼は言いましたが、費用がかかっているはずの活動に対して、ずっと甘えておりました。

何の見返りを求めず、たんたんと地味な活動を続けられた姿の誠実さを思い返すと、今、入院して心細い思いをされている紅林さんに対し、これまでのお礼の気持ちも込めて、一日も早い回復を祈って、お見舞いを送りたいと思いました。

わたしと同じように、紅林さんに人知れずお世話になった方も大勢いらっしゃるかと存じます。

「私が東京を変える」役員全員が賛同し、「私が東京を変える」として、会の代表でもある紅林さんへのお見舞いを募ることにしました。

お気持ちのある方はぜひ、ご協力をお願いします。

特に一口いくらという設定はしませんが、余裕のある方は相応のご協力をいただきたく、お願い申し上げます。

【お見舞いの振り込み先】
みずほ銀行
東京中央支店(110)
普通預金
2380939
ワタシガトウキヨウオカエル

なお、ある程度の金額がまとまりましたら、お渡ししますが、紅林さんが回復されるまで、多少なりとも支援を続けさせていただければと考えております。
募金の経緯及び〆切のご連絡は、その都度、ご案内させていただきます。
よろしくご協力のほど、お願い申し上げます。

私が東京を変える
前代表 山口あずさ

Share Button

20220820「私が東京を変える」討論会

記念撮影をしました。次回は、11月20日19時からです。本田宏さんをゲストにお招きして、お話を伺います。

1、問題提起者

紅林進(当会代表)

2、テーマ

「参議院選挙の総括と杉並区長選挙他」

Share Button

西東京市選挙無効の申し立て解説

2021年5月5日、私が東京を変える主催のzoomイベントを開催しました。 西東京市では、令和3年2月7日執行の市長選挙において、事実をゆがめた法定ビラが配布されました。これまでも、いわゆる反共キャンペーンが行われた事例はありますが、西東京市では明らかに公職選挙法に違反する形で、ネガティブキャンペーンが繰り広げられました。選挙が接戦になると、このようなあさましい選挙戦が繰り広げられるようです。 西東京市だけの問題ではありませんので、ぜひ、この申し立ての動向に注目してください。
Share Button

[声明]市民と野党の統一候補として宇都宮けんじ氏を都知事にしよう!

昨日5月27日(水)宇都宮けんじ氏が、7月5日投開票の都知事選への出馬表明をしました。
宇都宮けんじ氏を市民と野党の統一候補として一本化することを呼びかけ、正々堂々と都知事選での有権者の選択肢を示すことで、美濃部都政以来の都民が主人公の都政を実現したいと思います。

「私が東京を変える」は、2012年の都知事選挙での市民の候補者選びの中で誕生し、2014年の時には真っ先に出馬要請を行い、いずれも宇都宮けんじ氏当選のために奮闘しました。
2016年の選挙では宇都宮けんじ氏は苦渋の選択で出馬辞退せざるを得ませんでしたが、今回は出馬辞退はしないと出馬会見で宣言されました。
「私が東京を変える」のコンセプトは、一人ひとりの「私」が自覚的に東京を変える、つまり真の主権者として行動することにあります。
主権者として、「私が東京を変える」は、宇都宮けんじ氏を都知事および市民と野党の統一候補にもっともふさわしい人物と考え、全力で応援することを今ここに呼びかけます。

昨日の記者会見で明確に示されたように都政の監視と刷新のため活動を続けて来た宇都宮けんじ氏と「希望のまち東京をつくる会」と連携しながら、「私が東京を変える」はこの選挙に臨みます。

宇都宮陣営は今、市民選対で選挙に臨もうとしています。
ポスター貼りも苦労するでしょう。
ぜひ、一緒に宇都宮けんじ氏を応援し、都民が主人公とする知事を誕生させるために全力を尽くしましょう!

2020年5月28日
市民グループ「私が東京を変える」
代表 紅林進

(連絡先 事務局 大津留公彦
kimihiko_ootsuru3@yahoo.co.jp
08065406320)

Share Button

【講演】今、知りたい。人格権のこと。

私が東京を変える、共催です!

安保法制違憲訴訟 国家賠償請求訴訟第4回口頭弁論記述に提出された準備書面は3通ありました。
そのうちの一つは、「人格権の被侵害利益性と具体的被害」についてでした。
わたしたち原告には、侵されてはならない人格権があります。
角田由紀子弁護士に、わたしたちが、わたしたちの現在と未来のために、護りつづけなければならない人格権について語っていただきます。
なお、この講演は、安保法制違憲訴訟の原告のみなさんを対象にした講演ですが、一般のかたも、ご参加いただけます。

講師 角田 由紀子 弁護士日時 7月4日(火) 18:30~20:30

場所 東京ボランティア・市民活動センター

資料代 500円

共催 安保法制違憲訴訟の会・私が東京を変える

Share Button

9条リースにチャレンジしました!

それぞれの9条を飾ってみました!

山口あずさ|田代尚子|土屋容子|小熊ひとみ|古今亭菊千代|西川直子

Share Button

9条を飾る

9条を飾る
~5月3日は憲法9条のお誕生日です!
リースを飾ってお祝いしましょう♪~

9のリースをつくります。

日時 2017年4月8日(土) 13:30~16:3
場所 東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)
講師 土屋容子先生
参加費 3500円(材料実費) チケットはこちら
主催 私が東京を変える   後援 憲法屋
申込 info@watashiga.org  ※事前にお申込みください。
申込締切 4月1日
※作製した9条リースはお持ち帰りいただけます。写真は、クリスマスリースとして作成したものです。今回作成するリースは初夏のイメージになります。なお、土屋容子先生のクリスマスリースの教室は、通常、参加費5000円で開催しております。ぜひ、この機会にご参加ください。

【持ち物】
・ハサミ
花用でなくてもいいですがあまり小さくないもの。(枝をカットします)
・木工用ボンド
・持ち帰り用紙袋
A4が余裕で入る位のもの
・気になるかたはエプロン

Share Button

陳述書の書き方教室

~裁判官の胸に響く
陳述書の書き方教室

安保法制違憲訴訟の会のご協力を得て、「陳述書の書き方」を学ぶことにしました。
安保法制によって、わたしたちはどのように被害を受けているのか、受けることになるのか、具体的に書くとなるとそれなりに悩みます。
裁判官として、陳述書を提出される側だった田村洋三先生が、陳述書とは何か、その極意を教えてくださいます!
すでに安保法制違憲訴訟の原告になっている方も、これからなる方も、特に、陳述書が難しそうと思って原告になることを迷っている方、ぜひ、一緒に勉強しましょう!

講師 田村洋三先生(安保法制違憲訴訟の会共同代表・名古屋高等裁判所元裁判官)
日時 11月22日(火)18:45開場 19:00開始 
場所 東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋駅隣接 セントラルプラザ10階)
参加条件 安保法制違憲訴訟の原告(東京に限りません)あるいは、その場で原告登録の意思のある方(※印をご持参ください。)
参加費 500円
主催 市民グループ 私が東京を変える 後援 安保法制違憲訴訟の会
問合せ 03-3780-1260(安保法制違憲訴訟の会)

杉浦ひとみ弁護士からのメッセージ————————————
安保法制ができたことに心底腹が立っている、許せない、この国はどうなるんだろうと不安になる、9条を誇りに思ってきたのにもう取り返しがつかない、何かむなしい・・・。
昨年の9月19日、そしてそれ以後自分の中で複雑な思いがある。
一体何なだろう、この思いは。私の中の何がこんなに憤り、悲しいんだろう。
これをどう伝えたらいいんだろう。
こんな気持ちを見つめ直して、言葉にして、人に(裁判官に)つたえます。そのためのHow toを学びましょう。
そうしたら、これから自分の気持ちを見つめるのがうまくなる、
言葉にすることが上手にできるようになると思います。

Share Button