声明(原発に依存しない社会を!)

市民グループ「私が東京を変える」は2月1日付けで電力自由化による電力会社の選択についての以下の声明を発表いたしました。

声明(原発に依存しない社会を!)

(声明)原発に依存しない社会を!

市民グループ 私が東京を変える

代表 山口あずさ

2016年2月1日

私たちは1月27日に講演&電力小売会社ヒアリング会「電力自由化?? 私たちは
どの電力会社を、選べばいいの?」を70人以上の参加で行いました。

国際環境NGO FoE Japanの吉田明子様にご講演頂き、ヒアリングにはエナジ
ーグリーン株式会社とみんな電力株式会社に参加頂きました。

現在電力小売各社と連絡を取っておりますが現在の所、私たちはご参加頂い
たに2社を含む以下10社を推薦いたします。

パワーシフトな電力会社一覧http://power-shift.org/choice/

又、株式会社東急パワーサプライ殿からは原子力発電を使わない旨のご回答を頂いている
事もご紹介致します。

4月1日の電力自由化開始後のヒアリング会も開催を検討しております。

今年4月からの電力小売全面自由化に向けて、新電力やガス会社等新たに一般家庭用の
電力小売に参入する各社は、価格競争やガス料金や携帯電話料金等とのセット割引、さま
ざまな特典などを付けての、熾烈な競争が始まろうとしていますが、私たち電力消費者は、
単なる価格の「安さ」や「割引」などだけに惑わされることなく、その電気が何によって
作られたのか、原発による電気に依存していないか、つまり電源構成に注目して選択して
ゆく必要があります。そのためには電源構成の表示が不可欠ですが、現状では、その開示・
表示は義務化されておらず、「電源構成を開示することが望ましい」との努力義務にとどま
っています。また再生可能エネルギーによる発電の普及・拡大にブレーキとなる国 の政策
や規制、そして送電網を保有している既存の電力会社による再エネによる電気の送電網へ
の接続拒否等も問題になっています。こうしたことを改めさせることも必要です。「電力自
由化」を単に電力会社側の自由化にとどめるのではなく、私たち電力消費者が、主体的に
電力を選択してゆくことによって、原発に依存しない社会を作ってゆく、原発を葬って行
くことを実践して行きましょう!

以上

Share Button

選を募集します

市民グループ「私が東京を変える」では「戦争法廃止!575&57577」の作品を戦争法廃止まで募集しています。

その選を募集します。
文学は作ると同時に鑑賞する事も文学的営為です。
是非お正月に鑑賞しながら選んで下さい。

内容は以下の通りです。

第一次から第五次までの中から575を20作品、57577を20作品選んで下さい。
200作品位で575で一冊、同じく200作品位で575で一冊の電子出版と紙出版を行いたいと思います。
宜しくお願いします。

結果はそれぞれ以下にお送り下さい。

nowar575@watashiga.org

nowar57577@watashiga.org


感想も付けて頂けるとありがたいです。

参考
第一次募集575
http://watashiga.org/tokyo/575-2

第一次募集57577
http://watashiga.org/tokyo/57577-2

第二次募集575
http://watashiga.org/tokyo/2-575

第二次募集57577
http://watashiga.org/tokyo/2-57577

第三次募集575
http://watashiga.org/tokyo/3-575

第三次募集57577
http://watashiga.org/tokyo/3-57577

第四次募集575
http://watashiga.org/tokyo/4-575

第四次募集57577
http://watashiga.org/tokyo/4-57577

第五次募集575
http://watashiga.org/tokyo/5-575

第五次募集57577
http://watashiga.org/tokyo/5-57577

Share Button

戦争法廃止!575&57577(通算五次募集)を始めました。

戦争法廃止!575&57577(累計四次募集)を締め切りました。
累計合計 2065作品となりました。

戦争法廃止!575(通算四次募集)(10・19)(1027)(最終)
http://watashiga.org/tokyo/4-575

戦争法廃止!57577(通算四次募集)(10・19)(1038)(最終)
http://watashiga.org/tokyo/4-57577

57577の方が最初から一貫して多かったのですが今回575の大量投稿があり575の方が多くなり現在は拮抗しています。

4次募集の締め切りの10月19日は戦争法強行「採決」から一ヶ月でした。
闘う旗じるしとしての月命日でした。
国会正門前にはほぼ1万の人が集まりました。
前日には渋谷でSEALDsが多くの若者を集めました。
参院選挙に向けての野党の統一も気運が盛り上がっています。
戦争法廃止に向けて頑張りましょう!

戦争法廃止!575&57577(通算五次募集)を始めました。
11月19日の次の月命日までが期限です。
どしどし投稿下さい。

Share Button

戦争法案廃止!575&57577(通算四次募集)は累計2000作品を突破しました。

戦争法案廃止!575&57577(通算四次募集)は皆さんのご投稿のおかげで本日累計2000作品を突破しました。

http://watashiga.org/tokyo/4-57577
http://watashiga.org/tokyo/4-575

おかげさまで57577は984となり575の1018と合わせて2002となり2000作品を突破しました。(10月12日23時現在)
575の大量投稿があり57577よりも多くなりました。

ちなみに2000作品目はこの歌でした。

六十年安保の時は動員であったというか、死者も醒むべし かずこ

4次募集は10月19日までです。
戦争法案廃止の為に引き続きよろしくご投稿下さい。

私が東京を変える
戦争法案廃止!575&57577募集担当
大津留公彦

Share Button

「戦争にNOの声あげデモにいく 19の吾娘は立派に育つ」が完成しました。

 

Share Button

講演会「『電力自由化』で、クリーンな電気は選べるの?」

「<a href=”http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/ ”>電気代一時不払いプロジェクト</a>」が主催、市民グループ「<a href=”http://watashiga.org/tokyo/”>私が東京を変える</a>」が協賛する講演会の紹介させて頂きます。

来年4月から、小売電力が全面自由化され、一般家庭でも電力会社を選べるようになりますが、
政府は原発を再稼動させ、福島原発事故などなかったかのごとく、再び、原発推進の政策に
回帰しようとしています。その一方で、再生可能エネルギーの普及・発展にはさまざまな制約
を加えようとしています。

そのような現状を知るための講演会が、「電気代一時不払いプロジェクト」の主催で、明日9月29日(火)に東京・飯田橋の東京ボランティア・市民活動センターで開催されます。

講師は、再生可能エネルギーの普及に取り組んでこられた竹村英明さんです。

以下ご案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載・拡散大歓迎)

講演会「『電力自由化』で、クリーンな電気は選べるの?」
<a href=”http://chechennews.org/fubarai/docs/20150929leaf.pdf”>http://chechennews.org/fubarai/docs/20150929leaf.pdf</a>
<a href=”http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20150830/1440900463″>http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20150830/1440900463</a>

来年4月から、電力小売の自由化が始まります。ついに再生可能エネルギーによる電気を
自由に買えるようになる!…と考えたいところですが、じつは「原発を維持するために、最初
から再生可能エネルギーはブロックされている」という見方があります。

「電力自由化」の正体を知り、賢い消費者として、これからの運動につなげていきましょう。

■講 師: 竹村英明さん

広島生れ。議員秘書、ISEP、飯田市おひさま事業の実践を経てエナジーグリーン社副社長。
「緑茶会」代表。市民電力連絡会会長。再エネ電力小売目指して奮闘中。再エネ発電会社
「イージーパワー」を4月に設立。

■日 時: 2015年9月29日(火)18:30~21時(開場18:15)

■会 場: 東京ボランティア・市民活動センター A会議室
(セントラルプラザ10階)電話: 03-3235-1171 (代表)

JR飯田橋駅西口を出て右に曲がり、右側前方のビル:セントラルプラザ10階。
地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) 飯田橋駅「B2b」出口より
セントラルプラザ1階に直結しています。

アクセス <a href=”http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access”>http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access</a>
地図 <a href=”http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif”>http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif</a>

■参加費: 500円

■連絡先:(Eメール)  toudenfubarai@gmail.com
(携帯電話)  080-6747-4157(大畑)

■主 催: 電気代一時不払いプロジェクト
■協 賛: 市民グループ「私が東京を変える」

「電気代一時不払いプロジェクト」は、電気代の一時不払いによって、原発再稼働に抗議している個人
のグループです。くわしくは、ブログをご覧ください。
URL: <a href=”http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/ ”>http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/ </a>
ツイッター:@fubarai

チラシ <a href=”http://chechennews.org/fubarai/docs/20150929leaf.pdf”>http://chechennews.org/fubarai/docs/20150929leaf.pdf</a>

Share Button

戦争法廃止!575&57577(通算四次募集)

「57557577e59b9be6aca1out3.pdf」をダウンロード

戦争法は詐欺的手法で昨日成立しました。
さあ廃止闘争の始まりです。
国民的な運動の高揚を受けて政治の世界にも激変が起きそうです。

市民グループ「私が東京を変える」は戦争法廃止!575&57577募集(通算四次募集)を始めました。
一次募集に応募頂いた方も頂かなかった方も戦争法廃案のため奮ってご応募下さい。

①戦争法案に反対!575&57577三次募集は9月19日で締め切りました。

② 三次募集の選及び無料電子出版
9・30までタイトルを決めるための選を募集します。
575から一つ、57577から一つお願いします。
結果はそれぞれ以下にお送り下さい。
nowar575@watashiga.org
nowar57577@watashiga.org
感想もつけて頂けるとありがたいです。
お送り頂いたものは予定されている三次募集分の電子出版に掲載させて頂くことがあります。
予定
発行:9月30日、選締切:9月25日、

③戦争法廃止!575&57577(通算四次募集)要項

四次募集の案内
ーーーーーー
市民グループ「私が東京を変える」は戦争法案廃止!575&57577募集(通算四次募集)を始めました。い
一次募集、二次募集、三次募集に応募頂いた方も頂かなかった方も戦争法廃止のため奮ってご応募下さい。

戦争法廃案!575&57577(通算四次募集)
募集期間;2015年9月20日から10月19日まで
募集内容:戦争法を廃止する短歌、俳句、川柳、都々逸、狂歌など575か57577の形式の短詩形文学
応募先:以下どこからでも可です
nowar575@watashiga.org
nowar57577@watashiga.org

Facebook event

Twitter ハッシュタグ
#NOWAR575
#NOWAR57577

募集目標:500
作品発表:私が東京を変える
のホームページに番号を付けて掲載します。趣旨に沿う作品は全て掲載します。
寄せられた作品は電子出版などをさせて頂く場合があります。
主催:私が東京を変える
http://watashiga.org/
以上

 

Share Button

戦争法案に反対!575&57577募集」への応募が1000になりました。

今日(9月6日)丁度「戦争法案に反対!575&57577募集」への応募が1000になりました。

575への応募が332で57577への応募が668で丁度1000です。

一次募集6月20日〜7月19日 575応募154 、57577応募365 合計519
二次募集7月20日〜8月19日 575応募119 、57577応募227 合計346
三次募集7月20日〜8月6日現在(8月19日迄の予定) 575応募59 、57577応募76 合計135

戦争法案廃案にはあと3週間ですが最終週は国民の祝日があるのであと実質2週間です。
戦いの輪は大きく広がり政府は広聴会などの日程をまだ決められずにいます。

<blockquote>安倍政権の提出している法案は、「抑止力」という一見理性的な言葉を用いながら、日本がアメリカと一緒に世界中で戦争をするための法案であり、まさに戦争法案と言うのがふさわしいものです。
</blockquote>

「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めます。より

米軍と自衛隊の「同盟調整メカニズム」に「軍軍間の調整所」を設けるとか、法案成立を見越した自衛隊運用計画の自衛隊統幕文書で出てきています。また統幕長がアメリカで法案成立の予定まで明らかにしています。これらは自衛隊による極めて危険な暴走です。法案の違憲性、不合理性、危険性は以上だけからも明らかであり、この間の野党の追及で86回も審議がとまっていることにも象徴されています。

どの世論調査でもこの法案が憲法違反だという意見は5割を超えており、今国会中に成立させるべきでないとする意見は6割を超え、説明が不十分だという意見は8割を超えています。</blockquote>

何故「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めるのか。より

何としても戦争法案を止めるためにさらに「戦争法案に反対!575&57577募集」へ応募下さい。

Share Button

何故「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めるのか。

何故「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めるのか。

 

この法案は「日本を守る」を口実にしながら、日本がアメリカと一緒に世界中で戦争をするための法案で、まさに戦争法案と言うのがふさわしいものです。

以下の諸点が問題です。

安全保障関連法案の内容に即して反対する理由をまとめれば、次のようになります。

(1)「武力の行使」と「交戦権」を禁じた憲法第9条に違反する違憲の立法であり、このような違憲の法律を制定することは立憲主義に反し、憲法の平和主義を否定し、日本を戦争する国、法の支配を否定する独裁国家に変えようとするものである。

(2)歴代の内閣や法制局長官が否定してきた集団的自衛権の行使を認めるものであり、法的安定性も無視したものである。

(3)世論調査でも国民の多数がこの法案と今国会での成立に反対し、またデモ等でも反対の声を上げている国民世論を無視している。

(4)日本が攻撃を受けていなくても他国が攻撃を受けて、政府が無定義の「存立危機事態」と判断すれば集団的自衛権による武力行使を可能にする。

(5)米軍等が行う戦争で、世界のどこへでも日本の自衛隊が出て行き、戦闘現場近くで「協力支援活動」(兵站活動)をする。

(6)「存立危機事態」でなくとも平時から国会承認なく米軍等の「武器等防護」のために自衛隊がミサイル迎撃を含む武器使用を認める(集団的自衛権行使の裏口入学)。

「存立危機事態」の事例として安倍首相は、日本人を運ぶ米艦船への攻撃を挙げてきましたが、最近になって中谷防衛大臣は日本人が乗っていなくてもいいと言いだしました。そもそも、米艦船による民間人保護はハリウッド映画のシナリオであるとして米国自身が否定しています。

また、「ホルムズ海峡の機雷除去」のためと何度も述べていましたが、イラン情勢が改善し、参院では口にしなくなってきています。そもそも、ホルムズ海峡が交戦地域になれば機雷を除去しても民間タンカーは通航できず、戦時の機雷除去は必要ありません。立法の根拠が軒並み崩壊しています。

そこで安倍首相が持ち出しているのが中国の脅威ですが、日中は日中平和条約で武力の行使をしないと確認しており、日中の緊密な経済関係、特に空軍力で中国が圧倒的に優位である点などを考慮すれば、日中の武力紛争という事態は考えられません。

さらに、米軍と自衛隊の「同盟調整メカニズム」に「軍軍間の調整所」を設けるとか、法案成立を見越した自衛隊運用計画の自衛隊統幕文書で出てきています。また統幕長がアメリカで法案成立の予定まで明らかにしています。これらは自衛隊による極めて危険な暴走です。法案の違憲性、不合理性、危険性は以上だけからも明らかであり、この間の野党の追及で86回も審議がとまっていることにも象徴されています。

どの世論調査でもこの法案が憲法違反だという意見は5割を超えており、今国会中に成立させるべきでないとする意見は6割を超え、説明が不十分だという意見は8割を超えています。

8月30日の全国大行動は、12万人が集結した国会議事堂周辺をはじめ全国1000カ所以上で取り組まれました。35万人が参加した可能性もあり、60年安保以来の規模になったことは法案反対の世論の大きさと民主主義の前進を示しています。

自民党の中でも地方から異論が出ており、丹羽雄哉元厚相や村上誠一郎元行政改革担当相が全国大行動で示された民意を重く受け止めるべきだという意見を9月1日の総務会で出されています。自民党の小林秀矩広島県議も同日に法案撤回の要望書を衛藤晟一首相補佐官に提出しています。そもそも、村上氏が指摘しているように、選挙で執行部から公認されないことを恐れて法案反対でも意見を表明できない自民党国会議員がいるとされており、法案が自民党内の民意を反映しているかどうかさえ疑問です。

よって 「私が東京を変える」は、違憲性のある安全保障関連法案が参議院ないし衆議院で再度強行採決されようとしていることに強く抗議し、それらの法案の廃案を求めます。

2015年9月 4日 市民グループ「私が東京を変える」 役員会

Share Button

「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めます。

「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めます。

 

日本は憲法九条を持つ国です。憲法九条の理念は日本国内で完結するものではなく、あまねく世界に発信され、その理想は世界中の市民から共感を得ています。

国際社会において、紛争が絶えないこと、戦争が止むことがないことが現実であるとして、現実に理想を合わせることを政府は望んでいるように思われます。

戦争と言う最悪の選択を避けるため、安倍政権の主張する「抑止力」という選択肢を選ぶのか、それとも、過去の経験を踏まえて、九条の理想を国是とするのか、今、その判断を迫られています。

安倍政権の提出している法案は、「抑止力」という一見理性的な言葉を用いながら、日本がアメリカと一緒に世界中で戦争をするための法案であり、まさに戦争法案と言うのがふさわしいものです。

恐らく、安倍政権にとっては、アメリカにすべて習うこと、従うことが、わたしたち日本が取りうる唯一の選択肢なのでしょう。戦後レジームの脱却という主張とは裏腹に、まさに、敗戦時のままに、安倍政権は、アメリカの時の政権の言いなりになる以外の選択肢を持っていません。安倍政権の交渉力のなさのつけを、集団的自衛権を認めるという形で、国民が背負い、九条を持つ国であるが故の、国際社会からの共感と尊敬を失い、紛争地で日々努力しているNGO職員を危険にさらし、自衛隊員の命をそまつに扱おうとしています。

しかも、この解釈改憲は、当初九十六条を変えようとしていたことからも明らかなように、立憲主義の根底を覆す野蛮な手法で行われようとしており、法的安定性を損なうものです。

言うまでもないことですが、憲法は言葉で書かれています。この一つ一つの文言を、わたしたち国民が尊敬を持って、大切に扱わないとしたら、憲法はどうなってしまうのか。わたしたちは、実質的に憲法を持たない国民となり、主権者としての国民の地位は雲散霧消して、独裁国家となるでしょう。

これはおとぎ話ではなく、ついこの間の日本の姿なのです。七十年前、日本は独裁国家として、破滅の淵に立ちました。

わたしたちの頭上に、2つの原子爆弾が投下されたのです。これは、紛れもなく、アメリカが行った戦争犯罪です。

No more Hiroshima. No more Nagasaki.

広島と長崎は、決して、Rememberとは言いませんでした。もうこりごりだからです。わたしたちの頭上にも、他の国の国民の頭上にも、原子爆弾をさく裂させたいとは思わなかったのです。

わたしたちは言葉の持つ力を、もう一度、信じようと思います。

日本国憲法が輝ける言葉として、わたしたち国民の主権者としての地位を揺るがぬものにし、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないように、ここに、「私が東京を変える」は、集団的自衛権に反対し、安全保障法案の廃案を求めます。

2015年9月4日 市民グループ「私が東京を変える」 役員会

Share Button